1. 日多加産業株式会社
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革

1962年創業者である日高徳一が、愛知県大府市横根町狐山地内において熱硬化性樹脂の成形
1963年射出成形機を導入し熱可塑性樹脂の加工開始
1970年大府市横根町午池に進出し型射成形機( 800t)を導入、営業販路拡大
1973年日多加産業株式会社 に組織名を変更
代表取締役社長に日高學が就任
1976年第二工場 330㎡が竣立し家電並びに事務機器部門進出、 TV ・VTRVTR ・OA 等の関連部品生産を開始
1978年第 5期決算において売上高 10 億円を達成
1988年東芝製 450t成形機を導入
1989年東芝製 30t・80t成形機各 2基を導入
1993年日鋼製 850t成形機 1基を導入
1994年日鋼製 650t成形機 1基を導入
1995年日鋼製 650t成形機 1基を導入
1999年日鋼製 850t成形機 1基を導入
2000年愛知県大府市新江工業団地内に 新本社工場 建設 、40m組立ライン 4本増設
2001年日鋼機 650t成形機(電動) 1基、同 550t成形機(電動) 1基を導入
2002年関連会社・日多加テクノサー ビス有限会社を設立
本社工場 2F に自動ストックヤード、組立ライン増設 、日鋼製 450t成形機(電動) 1基を導入
2003年旧本社工場跡地を 第二工場 として整備・生産再開
2004年日鋼製 350t・220t成形機(電動)を各 1基、第二工場へ導入
川口鉄鋼製 140t成形機(油圧) 1基を第二工場へ導入
三次元測定機本社ISO9001 認定取得(本社工場)
2005年日鋼製 650t・850t成形機(電動)を各 1基、本社工場へ導入屋外テント倉庫増設
2006年日鋼製 450t 成形機(電動)を 1基、第二工場へ導入
ISO9001認証取得(第二工場)
関連会社・ 日多加ファインモールド株式会社 を設立
大府市町に 第三工場 を開設
2007年日鋼製 350t・ 450t・ 550t成形機(電動)を各 1基、第二工場へ導入
2008年代表取締役社長に日高章が就任
2009年大府市横根町に 第三工場 を移転
2010年ウェルネスプロジクト 始動
2013年車いすテーブル Agehaを発売
太陽光発電システム導入
自社便 4t トラック導入
2014年日鋼製 850t成形機(電動)を各 1基更新
2016年自社便2tトラック導入
2017年働き方改革「イクボス宣言」を行い、イクボス中小企業同盟へ加盟
2018年日鋼製350t成形機(電動)を1基、本社工場へ導入
第三工場を第二工場として稼働開始
自社便4tトラック導入、本社工場組立2F増設