1. 日多加産業株式会社
  2. 会社情報
  3. ご挨拶

日本の製造業にとって一筋の光明となるべく飛躍を遂げてまいります。

当社は、1962年の創業以来、プラスチック成形を基盤事業として地道に成長を遂げてまいりました。様々な分野の製品を手がける中で、製品の高精密化と金属製部品の複合化の技術を蓄積しつつ、機能性に優れるプラスチック製品を開発し続けています。近年、ものづくりの生産拠点が海外にシフトする傾向が強まる中においては、当社は地域に根付いた経営を第一義として、国内生産にこだわったものづくりにチャレンジし続けています。

 今般、社内の成形機設備をすべてサーボ機に更新することを完了し、これに伴って、すべての生産設備をインターネットに接続することが可能となり、IoT技術革新を成し遂げることができました。さらには、生産工程のAI技術導入も進めています。

このようにして、創設者 日高徳一、二代目 日高学より、半世紀にわたって受け継がれる理念「地域に根付いて生きる」を社是の根幹に据えて、地域社会に貢献しうる経営を目指しつつ、時代の変化に対しては、機敏に対応できる経営を心がけております。
これらの営みによって、地域貢献型企業としての新たなスタイルを模索し、次世代の中小企業のあり方の一つとして、日本の製造業にとって一筋の光明となるべく飛躍を遂げてまいります。

代表取締役  日高 章


代表取締役 日高 章

代表取締役 日高 章